タイで働くこと 2011

「旅行で来て気に入ったので、タイで働いてみたい」という理由で求職に来られる方が近年増えています。日本の就職状況も厳しいので、海外で経験を積みたいという方も多いです。
一ついえる事は、タイで働くことは、楽できるということではありません。タイに長く滞在していると、タイの自由な空気やタイ人の奔放な性格になれてしま い、それがタイだからと、自分自身まで、寛容になりすぎることがあります。タイ人にとっては、それが当たり前の空気なのですが、日本人が仕事をするにあ たっては、結局、日系企業なり、日本人相手に仕事をするわけですから、日本にある常識なり、やり方を求められます。それに加えて、タイ人スタッフとの文化の違いから来るギャップを自分で埋めながら仕事をしなくてはなりません。旅行で感じた過ごしやすさとは真逆の苦労も多いのです。

会社の求める人材像

■「日本人としての」ビジネスマナーをしっかりもっている人材

なぜ企業がタイ人より給与水準の高い現地採用の日本人を採用するのかというと、日本の常識、ビジネスマナーを持っている人材を求めるからなのです。日本で働くよりも厳しく日本のやり方を求められることもあるかもしれません。

■積極的に自分で考えて動ける人材

日本の就職と大きく違うのは研修がほとんどないことです。一社の中にいる日本人は数名で、人事部門の担当者などおらず、いくつもの部署を兼任しながら採用活動を行っています。そのため、入社後も付きっきりで研修してくれる時間も人員もいません。入社後に即、社外に出て仕事のできる人材、つまり即戦力を求めています。
「教えてもらわなかったので、できません」というスタンスでは到底通用しません。
分からなければ、積極的に訊き、自ら動く姿勢を望んでいます。

■語学力

業界によっては、必要言語が英語または、タイ語の場合もありますが、一緒に働くスタッフは100%タイ人です。タイでタイ人と働く以上、タイ語が話せなければ長期的な信頼関係を築くのは難しいです。

現地採用の現状

求人案件

タイにある日系企業約8000社のうち約半数は製造業関係です。そのため製造工場のあるバンコク郊外の工業団地での勤務という条件も多数あります。特に工場内で技術指導、生産管理のできる人材、製造業の営業人材という求人案件が最も多いです。
給与条件や勤務地など自分の価値観、優先順位を考え、今後の将来設計をするいい機会にもなるはずです。そんな方にとっては、どこまでもチャンスが広がっている国なのです。


Back Number:

タイで働くこと 2005 »

タイで働きたい日本人が増えています。理由はさまざまでしょうが、一ついえる事は、タイで働くことは、楽できるということではありません。タイに長く滞在していると、タイの自由な空気やタイ人の奔放な性格になれてしまい、それがタイだからと、自分自身まで、寛容になりすぎることがあります。タイ人にとっては、それが当たり前の空気なのですが、日本人が仕事をするにあたっては、結局、日系企業なり、日本人相手に仕事をするわけですから、日本にある常識なり、やり方をしていかなければならないわけです。勿論、タイ企業に入って、上司もタイ人、社長もタイ人の環境で働くこともできますが、タイの会社では、特殊技能を持っている人を除いては、日本人だからといって優遇もないですし、留学経験のある、数ヶ国語話すような優秀なタイ人と実力で張り合わなければ認められることも難しいでしょう。日系企業であれば、何故か日本人というだけで、必然的にタイ人よりも高い地点からスタートが切れる場合が多いのです。

そんなタイで働くことのいい所といえば、タイ人の上に立って、責任ある仕事が出来る。外国人と働くという貴重な経験ができる。たとえ、給料が安くても、好きな所で暮らしていけるという充実感なり満足感なりを感じる事ができることではないでしょうか。どのように仕事をしていくのか、生活をしていくのかは、人の価値観ですが、タイで金を稼ごうと思ったら、タイ人気質で仕事をしていたのでは厳しいです。楽はできません。

最後に、タイで働くことに向いている人というのは、タイの環境が好きで、タイ人のいい所も悪いところも理解できる人。自分の将来や生き方に対して、目標や先見の考えをきちんと定めて動ける人ではないでしょうか。これまでの日本と違い、会社に長くいれば、それなりに待遇を受けて働ける環境ではないということです。物価も安く、遊べる所も多いタイですが、使う楽さの対面に稼ぐ厳しさがあるのが現状です。それと同時に、まだまだ決まりきった型がなく、新しい人生を切り開いていけるチャンスのある国でもあると思います。